桑でメタボや肥満の解消

桑でメタボや肥満の予防・解消しましょう

生活習慣病とか、メタボとかの言葉も日常茶飯事のように聞くようになりました。特に、中年以降の世代には耳が痛くなる言葉かもしれませんね。

 

メタボという言葉は、私たちも普段から何気に使っていますが、ハッキりとした意味は私も理解していませんでした。

 

肥満

 

「メタボ」という単語の意味をインターネットで調べたら英単語に直せば「metabolic syndrome」で、内臓肥満と、「高血糖か高血圧、脂質異常」の3つの中の2つ以上を合併症を起こした場合を指すのだそうです。

 

つまりメタボというのは、単なる肥満よりも、更に深刻な症状だという事ですね。

 

このようなメタボや肥満は、普段の食生活の中で糖分の摂り過ぎだったり、炭水化物の摂り過ぎ、脂肪分の摂り過ぎや、運動不足などによって引き起こされます。

 

食事の時に、桑抹茶や桑の葉茶を一緒に飲むことによって、糖分の摂取を抑え血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

 

糖分は、運動などで燃焼されなければ脂肪になって体内に蓄積されますので、桑抹茶や桑の葉茶を飲むという事は、つまり、桑に含まれているDNJによって糖分の摂取を抑えることが出来て、太りにくい体質になるという事になります。

 

ただ、単に桑抹茶や桑の葉茶を飲んでDNJのパワーを利用すると同時に、生活の中に適度な運動をすることを組み入れて脂肪燃焼させることも大事ですね。

 

そうすればメタボ解消しダイエットも成功するのかもしれません。