桑抹茶と便秘の関係

桑抹茶で便秘解消しましょう

桑抹茶の効能としては、DNJ(1-デオキシノジリマイシン)による血糖値の急激な上昇を防ぐことの他に、便秘の解消効果もあります。

 

桑抹茶には、沢山の食物繊維が含まれていて、その食物繊維が腸内に入って内壁を刺激して便秘を解消するのを助けてくれます。

 

便秘の悩み

 

そもそも便秘というのは3日くらい排便が無い状態で、腸に中に老廃物が停滞してしまい、腸が水分を吸収して便自体も硬くなり、更に排出しにくくなってしまいます。

 

便秘になってしまうと、お腹がガスで張ったり、口臭が出たりしますし、お肌にニキビちゃ吹き出物も出たりします。

 

便秘の解消をするのでしたら、食物繊維が豊富な桑抹茶の他にも、腸内の善玉菌を増やすためにヨーグルトを食べたり、更に、その善玉菌を増加させるためにオリゴ糖なども摂取するのが良いです。

 

それと、軽い運動などを行って腸を刺激するのも効果的です。

 

便秘の状態を長く放置しておくと、体調が悪くなったりお肌の状態が悪くなったりするだけではなく、メンタルな面にも悪影響が及ぼされます。最悪、大腸ガンになることもありますので、なるべく早めに解消するのが良いでしょう。