桑のDNJと糖尿病

桑の葉と糖尿病の関係

角砂糖

 

桑の葉の成分には、血糖値に深く関係しているDNJという特殊な物質が含まれています。

 

そのDNJという物質を片仮名で表すと「1-デオキシノジリマイシン」と、難しい名前になりますが、その働きは、糖尿病や血糖値が気になる方には、非常に有効です。

 

私たちが食事を食べる時に糖分も摂取するのですが、通常は、小腸内で分解酵素でもあるαグルコシダーゼと結びつき、単独の糖に分解されることによって、吸収されることになります。

 

ところが、桑抹茶や桑の葉茶などと一緒に食事をするとDNJが、ブドウ糖よりも先に分解酵素でもあるαグルコシダーゼと結合してしまうので糖分が単糖には分解されないこととなり、小腸では吸収されずに大腸へ送られ体の外へ排出されることとなります。

 

その結果、通常、ご飯などを食べると血糖値が急上昇するのに対して、桑のDNJの効果によって糖分の吸収を抑制し、血糖値の急上昇を抑制することとなります。

 

これは、健康診断などで血糖値が高いと言われている方、糖尿病が気になる方などには非常に嬉しい情報ですね。

 

普段お食事の時に、糖分が多い菓子パンや糖分に変わりやすい炭水化物の量を減らすのも良いですが、桑抹茶や桑の葉茶などを朝食や昼食、晩御飯の時、さらにティータイムの時などでも飲んでヘルシーライフを演出するのが理想的ですね。